スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.12.14 Wednesday
  • -

がま口作りの裏ワザ 口金にボンドを塗る時の棒

がま口作りで使っている道具

ボンドを口金のみぞにまんべんなく、薄めに塗るために必要なヘラ。
最初は私も爪楊枝でしてました。
その後、買ったがま口の作り方の本に「アイスクリームの木でできたスプーンが良い」というのを参考に、木べらを使ったりもしました。

でもこれらは木でできてるので、1回使うと付いたボンドがカチカチに固まって取れなくなります…1度使ったら毎回捨てます。

なので、今は手作りヘラを使ってボンドを伸ばしています。

手作りといっても切っただけ

他の事で使うためにダイソーで買ったプラ版の残りの切れ端です。
これが幅も持つ長さもちょうど良く、不自由さはまったくありません。何よりプラスチックなので、べったり付いて固まったボンドがぺりっと簡単に剥けるストレスフリー。これ1本をめちゃくちゃ使い回しています

ボンドと木って相性良いから、はっきり言って全然向いてない。これ使い出してから、木でできたものを使ってするなんてありえんです。

アイスクリームのスプーンのプラスチックタイプも使っていたことがありましたが、幅が若干広いためカーブが塗りにくい。
今はこれですね。愛用しています。

次回?は口金に紙紐をはめ込む時に使っている意外な道具をご紹介…!


スポンサーサイト

  • 2016.12.14 Wednesday
  • -