スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.12.14 Wednesday
  • -

がま口縦長ポーチを作った

最近ようやくがま口作りに慣れてきたので、大きめのがま口ポーチに挑戦しました。


型紙が口金に付いて無かったので、最初から作りました。
なんか変化のない、ただただ長方形の入れ物が出来上がりました。がま口である必要性があるのか?と思えてくる作品。

ちなみに、この口金は700円近くするのです。

マチは2cmにしたのですが、口金の高さが5cmあるので開きが悪く感じます。ようやく開かないがま口を作る事が減ったというのに、新しい形にするとやっぱり変に両端が余ったり、ガバッと開かなかったりします。

本やブログで紹介されている型紙の作り方を参考にしますが、なかなかです。

がま口の悩みは、型紙の他にも口金の不良品問題や、裏地の合わせ方、接着芯の種類に悩みまくって…今も悩んでますが、考えるのが面倒になった時は、
手作りフェアで見た紙紐がはみ出たヘタクソながま口の山を見た事を思い出すようにしています。
ああはなるまいと。
これが最近の手作りフェアに行った一番の成果。参考になった作品はありませんでした。
行く度に微妙になってる気がする。


スポンサーサイト

  • 2016.12.14 Wednesday
  • -