表示中の記事のタイトル

カテゴリ

ブログ内の記事を検索

          

プロフィール

書いた記事数:16 最後に更新した日:2016/12/14

おすすめ商品

おすすめ商品

おすすめ商品

おすすめ商品

おすすめ商品

おすすめ商品

おすすめ商品

         

others

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.12.14 Wednesday
  • -

アニマル柄のがま口を手作り

アニマルが好きなので、がま口にもアニマル柄の生地を使うことが多いです。
バンビ柄のがま口
森の動物たち。果樹や草のなかにひっそりといますね。これがまた良い。
ハンドメイドがま口3個
しっとりとしたデザインで、子どもっぽくないめずらしいアニマル柄です。ボタニカルテイストです。何よりバンビが可愛い!一目ぼれで全種類集めました。春〜夏向け。

こちらはオーダー頂きました、シガーケースタイプのがま口です。
がま口タバコ入れ 
今回は、おそろいにできました。
がま口シガーケース
内側です。裏地にはいつも、かなり悩みます。

せっかくの表地の雰囲気をぶち壊さないように。

タバコ入れの形は作ったことがなかったので、以前作ったペン入れの型紙をもとに一般的なサイズをネットで調べながらの型紙作りでした。
タバコのサイズもネットで調べていましたが、本物を入れた時の隙間の具合が気になっていて。その矢先に、実物のタバコの箱をすんなり入手することが出来ました。ちょっと大きかったかもしれない。でもライターも入れられるし。

手持ちの生地が無くなってきてバンビの部分で制作するのが厳しくなってきました。どこも販売終了みたいです。最近、手芸店のトーカイ(楽天市場でいうとシュゲール)で切り売りを見つけましたが、倍近くの値段でした…う〜ん


がま口バッグを手作り

1年前のハンドメイドのイベントで購入した飴玉げんこの口金で、ようやくがま口バッグを作りました。

イナズマの口金です。付属の型紙がダサかったので自分で作りました。ギャザー入れてます。さらっと作りましたとか言いましたけど、形考えたり、また1からやり直したり、何日かそのまま投げやったりで裁断するまでにかなりの日数がいりました。

手作りがま口

外側、表地の裏に接着キルト綿を貼り、ふっくらさせました。ぺたんこにすると いかつい金属の口金に負けてしまうからです。気持ち的に。

チェーンは楽天市場で600円位で120cm、100cmだと身長があるので足りないです。

生地は、青みがかった落ち着いた色で、年中使えそうな配色。楽天市場の手芸屋で他の生地と同梱でなんとなく購入。デザイナー生地って書いてあったような。高かったので50cmも買ってません。黄色いつまみと黄色のイチゴが合って結果良かった。
がま口ショルダー

裏地はなんでも良かったけど、悩んで、手持ちの生地の中で使いやすい薄手を選びました。リボン柄。柄in柄。この生地も楽天…(以下略)

こないだ作ったがま口を入れたところ。ケータイとハンカチ入れたらいっぱいです。だいたいは自転車の前かごにぶち込みにくいものを入れるために作りました。

これは昨年に作った大作です。取り寄せで、日本製のつまみが猫の肉球の形をした希少な口金です。気に入った猫柄の生地がみつからず…バンビ。好きだから。森の動物たち柄です。
がま口バッグ

大きいです。なかの写真は撮り忘れました。あまり使ってません。なんか微妙に大きいから。この生地は楽天で…買ってません。他で探し出しました。
猫の肉球がま口

この猫の肉球口金は角形タイプが数本ありまして、なんか作って売ろうと思いつつ半年以上たちました。まずつまみ部分が大きい(指の腹くらい)ため、形によってはアンバランスになりかねない…。
かなり悩みまして、一回ポーチ作ってみたけど、型紙がどうも失敗したらしく開きにくいものが出来てしまって。やり直しです。口金の溝が他と勝手が違うのも難点。

もうポーチはやめて今度は作りやすそうなペンケースにしようかと。猫の生地も手に入ったし。裏地に悩んだまま止まってますが。


ハンドメイド作品のオンラインマーケット「minne」(ミンネ)


がま口を新しく作りなおしました

自分で作ったがま口が、一年経って汚れていたので最近作りなおしました。

表地、裏地ともに新柄の生地です。表地に使った生地は可愛いアニマル柄。
バンビ柄のがま口

1か所を中心に裁断したら、その周囲の柄すべて捨てることになりました。バンビの周りにはアヒルやひよこ、ウサギがいました。

もう一つの面にはヒツジをチョイス。
ひつじ柄のがま口

裏地のドットは落ち着いていて和柄に合いそう。
がま口の柄
手縫いのがま口ドット柄

レジの列に、このがま口とアイスを握っている地味な女がいたら…それは私です。

自分用に型紙作って生地も揃えたので、これは非売品です。
これより小さながま口で、別の柄のはネットで売ってたりします。
利益は、がま口2個売れたら50cmの生地代のもとがとれるくらいでしょうか。

その利益で新柄の生地を衝動買い、次の材料費にぶっこんでます。手元には生地がどんどん増えていくばかりですが、まあやってて楽しいです。
やっとまともな趣味ができた感じで。マンガ読む、とか徘徊、とかそんなんじゃなくて。
がま口を作る間、レジンとクルミボタンと消しゴムはんことラベル作りもやってみましたが3日坊主で棚上げ状態です。ジュタドールもキット買って1回しか使ってないし…

がま口作りのおすすめポイントは、小さな はぎれで手縫いで、ちょこちょこ作れる点です。そして最後の最後で口金にうまくはめ込めずに失敗した時の「あーあ…」感。でも完成できたら、それはもう小銭入れ等、実用性が高いし。使いやすいし。
がま口は良いよ、うん。


がま口縦長ポーチを作った

最近ようやくがま口作りに慣れてきたので、大きめのがま口ポーチに挑戦しました。


型紙が口金に付いて無かったので、最初から作りました。
なんか変化のない、ただただ長方形の入れ物が出来上がりました。がま口である必要性があるのか?と思えてくる作品。

ちなみに、この口金は700円近くするのです。

マチは2cmにしたのですが、口金の高さが5cmあるので開きが悪く感じます。ようやく開かないがま口を作る事が減ったというのに、新しい形にするとやっぱり変に両端が余ったり、ガバッと開かなかったりします。

本やブログで紹介されている型紙の作り方を参考にしますが、なかなかです。

がま口の悩みは、型紙の他にも口金の不良品問題や、裏地の合わせ方、接着芯の種類に悩みまくって…今も悩んでますが、考えるのが面倒になった時は、
手作りフェアで見た紙紐がはみ出たヘタクソながま口の山を見た事を思い出すようにしています。
ああはなるまいと。
これが最近の手作りフェアに行った一番の成果。参考になった作品はありませんでした。
行く度に微妙になってる気がする。


11ぴきのねこの生地で手作りがま口を作った

トーシロハンドメイドシリーズ。半年ぶり?

口金は12cm、600円位。
やっと見つけたはぎれがこの生地。なかなか絵柄が使いにくい。雑巾絞ってる姿とか…。検索したら以前に遠足やマラソン大会の生地が出てたみたいで知らなかったのが悔やまれる。


11ぴきのねこ 手作りがまぐち


11ぴきのねこ 生成り生地
個人で楽しむために作成したものです。

これができあがるまでにダイソーの口金で練習してきましたが、まず型紙作り。
ダイソーに付いている型紙で作るとすこぶる不格好なので、(型紙通りに作ったらでっかいおにぎりみたいなのができてびっくりしました)本やネット見ながら型紙作り。うまくいかず開かないがま口ができたりしました。

そして接着芯。接着芯の意味すら知らなかったのでどの素材の生地にどれくらいの厚さの接着芯が良いのかずいぶん悩みました。
最初はダイソーにある薄手の接着芯を使っていましたが不織布がすぐにへたってくるので、厚手のを手芸店で買って作ったらすんごいかっちりしたがま口ができあがるもんでそれから中厚の接着芯を買いに…。

11ぴきのねこがまぐち小
ダイソーの口金75ミリ。

楽天市場
キャラクター生地の夢木綿

遠足柄、キルトはありました


1